« EspritdeParis | トップページ | フォルテ »

子どものころ夢中になったもの

ココログのトラックバック野郎に挑戦
小学生の頃ちょうど任天堂より
ファミリーコンピューター(通称ファミコン)が発売され
ファミコンゲームに夢中になっていました。

小学館から発売している「コロコロコミック
で当時「高橋名人」というゲームの名人がいて
自分も大人になったらゲームの名人になってやる!!
と小学生の時までずっと思っていました。

そんなゲーム熱も今はすっかり冷め、
現在では自宅にPS2があるけど、買ったソフトは1~2本
位です。

大人になったから、忙しくてゲームをやらなくなった
そういう理由もあるかと思いますが
今のゲームはグラフィックがとても綺麗な反面、クリアするのに
何10時間もかかります。難しすぎる気がします。

昔に比べて、自分に根気強さもなくなってしまったのかもしれないけど
単純だからこそ面白い、そういった飽きの来ないゲームって
最近少ないと思います。

たまにゲームセンターに行っても、遊ぶのはクイズゲームと
UFOキャッチャー位です。

今の子供と大人たちが気楽に安心して楽しめるゲームって
ないんでしょうかね。

|

« EspritdeParis | トップページ | フォルテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36170/1736714

この記事へのトラックバック一覧です: 子どものころ夢中になったもの:

« EspritdeParis | トップページ | フォルテ »