« henri-charpentier | トップページ | 南ぬニライカナイ »

懸賞ハガキ

昨年ロンロンの35周年記念だったかな?
その記念プレゼントでMINI
が当たるキャンペーンがあったので、ハガキで応募しましたが
見事玉砕しました。

懸賞に当たる方法ってテレビやインターネットでも
見かけますが、雑誌や新聞のプレゼントの
応募とテレビ局の応募の場合、当選するための攻略法が
違うようです。

応募のパターンとしてよく見かけるのは
缶コーヒーやビールの缶についているシールを集めて
ハガキで申し込むやり方。

普通にシールをちびちび集めてから
ハガキで申し込んでも
当選する確率はまずないそうです。

テレビで大々的にプレゼントキャンペーン
の宣伝をする前にインターネットで情報を
仕入れ、応募シールをまずかき集めるのが
一番有効的だそうです。
こういった募集は第1~第4回位に分かれて
募集しているのでみんなが応募する第2~第4回に
応募するのではなく、第1回に応募すると
飛躍的に当選確率が上がるようです。

ではどうやって集めるか?

1、箱でまとめ買いしてシールだけとにかく集める。
酒屋さんなどで注文すればまとめ買いできます。
ただこれはお金がかかるのでお金持ちの人にはおすすめかも
しれません。

2、インターネットオークションで落札する。
ヤフーオークションなどでは
シールだけをとにかく集めたものを
出店している人がいるのでそれを落札する。
商品を買うよりも比較的安上がりなので、
それで応募する方法もあるようです。

3、そういえば自動販売機の横には空き缶のゴミ箱が・・・
これはちょっと勇気がないとやれませんね。

キーワードやクイズの答えを入れて応募する。
これもプレゼントではよくあります。

こんな簡単なキーワード誰が間違えるの?
と思う人もいるかもしれないけど、
最近では当選者を選ぶ側がハガキを
いちいち山のように集めてから
正解かどうかを選ぶのではなく、パソコンのスキャナーで
どんどん情報をハガキで読み込んでデジタル情報化してから
後でランダムに抽出する方法が主流になりつつあるそうです。

そうすると手書きで縁取りのラインマーカーなどをして目立たせても
スキャナーがうまく認識されずに、無効のハガキとして
はじかれることもあるようなので逆効果かもしれないですね。
味気ないですけど、スキャナーででうまく認識してもらえるよう
パソコンで等間隔に文字を入れてプリンターで印刷して
応募するのが効果的だそうです。


最後はテレビの懸賞ですが、これは全国ネットで応募する
プレゼントなどは豪華商品が多いので、当選するハガキを
選んでもらうためのある方法があるそうです。

その方法とは・・・?

私がお気に入りで毎日見ている
CX日テレ渋谷さんのブログで
そのやり方が出ていました。

これは真似しない方がいいと思います・・・。

|

« henri-charpentier | トップページ | 南ぬニライカナイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36170/2593955

この記事へのトラックバック一覧です: 懸賞ハガキ:

« henri-charpentier | トップページ | 南ぬニライカナイ »