« The BIG ISSUE | トップページ | ブックスルーエ »

交渉人真下正義

kosyonin

吉祥寺東宝で今日から封切になった映画

交渉人真下正義を観てきました。

映画館の場所はこちらの3階です。

感想ですが・・・
ネタバレになるので見たい人は↓をクリックして下さい。

感想としては面白かった、です。

私は踊る大捜査線のシリーズを全て観てますので
ストーリーの要所要所でファンにはたまらないシーンが
あります。

たとえば、地下鉄の自動運行システムをハッキング
されたため、地下鉄会社が外部のコンピュータ会社を
呼ぶシーンがありますが、その呼ばれた会社は
「シンバシマイクロシステム」
踊る~シリーズの主人公青島巡査部長が
警視庁に入庁する前に働いていた会社です。

ストーリー的には非常にわかりやすいものだと思います。

2004年12月24日、東京の地下鉄の
最新鋭実験車両(通称:クモ)1両が
何者かに乗っ取られた。
網のように張り巡らされた大都市・東京の
地下鉄の盲点を突く犯行。
乗降客200万人の命が、爆走するたった
1両の車両によって危険にさらされる。
犯人の狙いは、身代金?それとも・・・?
理由なき犯罪に錯綜する捜査。
そして犯人の交渉人として
警視庁交渉課準備室課長の真下正義が活躍する。

そんな内容です。

実験車両を犯人が携帯電話とコンピュータで遠隔操作している
シーンがありますが、地下鉄でしかも高速移動している
場合、携帯電話が切れる可能性もあるので、遠隔操作
というのは物理的にちょっと無理な感じがします。

たとえできたとしても、単独犯で、爆弾の設置や、実験車両や
警視庁のサーバーのハッキングなど全て一人で行うのも
ちょっと設定に無理な感じがします。

それだけすごい犯人であるが故に、
コンサートホールの爆破に失敗した犯人が
自分が最後に自分が乗っている
カエル急便の車両を爆破させて、
身元不明という設定にしないと、ストーリー的に収拾が
つかなくなってしまったのかな?

という感じです。

ちょっとPCに詳しくないと意味がわからない
シーンもあります。
たとえば犯人の手がかりを捜すために、実験車両の製作に
関わった業者を探すため、段ボール箱一杯に入った
業者一覧の資料をみて「フロッピー?、ZIP?、JAZドライブ?」
「バックアップ取ってないの?」というシーンがあります。
フロッピードライブは今でも使われているところがありますけど
ZIPドライブや、JAZドライブなどは、MOに代わる媒体として
一時期流行ったドライブです。今はほとんど使われていません。

私はこのシーンを見て「うわ、なつかしいなあ」と思いますけど、
一般の方々は、なにそれ?で終わってしまいます。
この辺がちょっとマニアックすぎる部分がありました。

今回の映画が真下正義(ユースケ・サンタマリア)
が主人公なので、青島巡査部長や、
湾岸署の神田署長などは登場しません。
あ、最後の最後に次回作「容疑者 室井慎次
(8月27日公開予定)の宣伝で「スリーアミーゴス
がちょっとだけ出てきますが。

スピード感や緊張感はあるので、矛盾点を除けば
楽しめる映画でした。

本当は映画の宣伝などをCXが
もっとたくさんやりたかったのでしょうけど、
地下鉄から事故で救急車に運ばれるシーンなんかもあったので、
今回はCMとか、かなり自主規制されてしまったんでしょうね。
その辺はちょっと残念でした。

★★★☆☆

|

« The BIG ISSUE | トップページ | ブックスルーエ »

コメント

TBさせていただきました。
吉祥寺でも上映してたんですね。
わざわざ別の場所に行ってしまいました(笑)

いろんな矛盾をつっこんでるとキリがないけど、面白かったですよね。
踊るファンとしては追わなくては!
容疑者まで・・・・。

投稿: pancopa | 2005/05/15 10:02

TBありがとうございます。
私も面白かったと思います。
mixiでも結構話題になっていますね。

8月上映予定の容疑者 室井慎次にも
期待しています。

投稿: ymosolid | 2005/05/18 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36170/4032036

この記事へのトラックバック一覧です: 交渉人真下正義:

» 交渉人・真下正義 [ダラックマ日記]
ユースケ・サンタマリア (何度も言うけど、←コレ公式HP・・・)主演 【交渉人・真下正義】 を観てきました。 お気に入りの映画館で、自分的には結構いい位置をキープ! でも、始まってみたら何だか観にくい・・・・。 あの、踊るシリーズ独特のカメラワークが私を酔わせていたのです・・・ あまりに大きいスクリーンなので、ちょっと前過ぎたかな!?と。(そこまでじ�... [続きを読む]

受信: 2005/05/15 09:59

« The BIG ISSUE | トップページ | ブックスルーエ »