« ケーニッヒ | トップページ | Happy New Year 2006 »

冬の必需品

kashituki1

今年の冬は気象庁の暖冬という予報を大きく外し、
とても寒い日が続いています。

家で暖房器具を使うと部屋は暖まりますが、

気になるのは空気の乾燥。

朝起きたときに喉がカラカラ、鼻も詰まり辛いことがあります。

今年は思い切って加湿器を購入してみました。

kaz社簡単スチーム式加湿器モデル76という商品です。

今日はこの加湿器の使い方をレポートします。

kashituki2

この加湿器、スイッチや調節ボタンなど一切ついていません。

使い方もいたって簡単。

kashituki3

まずはスチームユニットを持ち上げ、水を注ぎます。

そしてここで塩を一つまみ入れます。

「塩??」と不思議に思う人もいるかもしれません。

実はこの塩がスチーム吹出口から出てくるスチームの量を調節できるのです。

スチームの量がたくさん欲しければ塩を多め、逆に少な目がよければ
塩も減らします。

スチームの量は運転時間に比例します。

説明書には3.7リットルの水で約9時間の連続運転が可能と
書いてあります。

kashituki4

そして別売りになりますが、加湿器専用の
ヴィックスヴェポスチーム
というリフレッシュ液があるのですが

kashituki5

この液体を吹出口の前のくぼみにちょっとだけ入れます。

kashituki6

そしていよいよスイッチオン。

スイッチといってもコンセントにプラグを差し込む事で電源が入ります。
実にシンプルです。

kashituki7

2~3分もすれば水が沸騰しきれいな蒸気がもくもくと出てきます。

水が少なくなると電源が自動的に停止するので、空焚きの心配も
ありません。

新鮮でちょっとスッとした蒸気が部屋を満たしてくれます。

乾燥すると風邪も引きやすくなります。

この加湿器おすすめです。

我が家の冬の必需品になりました(^o^)

|

« ケーニッヒ | トップページ | Happy New Year 2006 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36170/7703788

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の必需品:

« ケーニッヒ | トップページ | Happy New Year 2006 »