« TOKYOCYCLESHOW2006 | トップページ | サイクル日記18(冬の多摩湖自転車道) »

冬支度

12月に入り、寒さもだいぶ厳しくなってきた。

真冬でもサイクリングできるように、ウェアを一通り

揃えてみた。

06120301

まずは、手袋。

ロードレーサーは指先で細かいギアチェンジを行うので、

厚みがありすぎない方がいい。でも保温力のあるものがほしい。

加えてハンドルを握るので衝撃を和らげるパットが入っているもの

というと、どうしてもサイクリング専用になってしまう。

モンベルのサイクルグローブにした。

それに長時間走っていると耳が寒さでちぎれそうになってくる

イヤーウォーマー(でいいのかな?)とネックウォーマーも購入。

06120302

上着はモンベルの

サイクルトレーナージャケットにした。

伸縮性に優れ、風防性が高いそうだ。

06120303

パンツもモンベルのフリーライドパンツを購入。

ふくらはぎから裾にかけて一枚地のフラップをつけ、ベルクロで絞って

バタツキを抑えることができる。

これを身に着けて早速走ってみた。

おおー暖かい!!

特にイヤーウォーマーとサイクルグローブの効果は絶大だ。

よーしこれで冬も頑張るぞ!!。

本日の走行時間1時間54分27秒

走行距離37.49Km

平均時速19.6Km

最高速度36.4Km

総走行距離855.5Km

|

« TOKYOCYCLESHOW2006 | トップページ | サイクル日記18(冬の多摩湖自転車道) »

コメント

寒いと自転車はつらいですぅ。
ウィンドブレーカーは風を通さないので暖かいのですが汗がなかにこもるので運動をやめると寒くなってしまいます。
ゴアテックスなどの新素材はどうなんでしょう。

投稿: いんちきSAX | 2006/12/11 09:34

いんちきSAXさんこんにちは。

サイクリングは確かに冬はきついですね。

サイクリング用のウェアは前傾姿勢に合わせて
後ろを長めに設定してあるようです。

私が購入したサイクルトレーナーは、
生地はやや薄めですが、繊維が密に織り込んで
あるので、風防性が高く、動きやすさと
摩擦に強い繊維を使用しています

とカタログを棒読みしてみました(^_^;)

走っている間は蒸れを放出する機能がないと、
熱がこもり汗が体内にたまりやすく
体温が下がりやすいのでメッシュ生地が
いいようですね。

ゴアテックスは保温力に優れていますが
サイクリング等の運動用にはちょっと
向かないのではないでしょうか。

投稿: ymosolid | 2006/12/11 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36170/12933261

この記事へのトラックバック一覧です: 冬支度:

« TOKYOCYCLESHOW2006 | トップページ | サイクル日記18(冬の多摩湖自転車道) »